睡眠薬って通販で買える?   >   怖いイメージがある睡眠薬

怖いイメージがある睡眠薬

睡眠薬の怖いイメージを持っている男性

「睡眠薬」と聞いて、依存性がある・ドラマなどで自殺する場面で使われている、など怖いイメージを持っている方も多いでしょう。これら全てのイメージが間違いである、とは言えません。しかしこういった内容は、極端な話で正しい方法なら安全に使用できます。

そもそも睡眠薬は、睡眠を促す薬なので悩みやストレス、生活習慣などが原因で寝付けなくなった方が必要とします。睡眠は私たち人間が毎日行う行動なので、寝付けなければ毎日睡眠薬を服用は必要といえるでしょう。

「毎日薬を飲むこと=依存」というイメージを持つ方も多いと思いますが、いまの睡眠薬の依存性は昔より大幅に減っています。睡眠薬が作られ始めのころは、直接脳の活動を抑制することで眠りやすくしていたので、作用があまりに強いことから依存性が高くなってしまっていました。

しかし今では、脳神経伝達物質GABAの働きを促進させることで、睡眠時と同じようなリラックス効果を得られるので眠りやすくなるのです。さらには、体内時計を整えることで睡眠リズムを取り戻す働きをしたり、覚醒ホルモンの分泌を抑えることで睡眠しやすい状態に導いてくれる薬も登場しています。

依存性などの危険な部分は改良に改良が重ねられ、副作用などの体への負担も少なく済むように作られているのです。危険なイメージの大半を占めている、依存性や自殺する時などに使われるというような内容は、過剰摂取が原因です。

効果が無いことで量や飲む回数が増えたりすると、多量な薬の成分が体内に残っている状態が当たり前になってしまいます。また、ときには必要以上の脳活動が抑制され、呼吸器や心臓にまで影響することがあったのです。

現在使用されている睡眠薬は、そうした危険性を無くすことに向けて改良がされているので、正しい用法用量を守れば安全に利用することができます。