睡眠薬って通販で買える?   >   睡眠薬の正しい使い方

睡眠薬の正しい使い方

睡眠薬を飲むためのグラスと時計

睡眠薬は誤った使い方をしてしまうと、効果を得られず副作用を強めたり依存性を高めてしまう可能性があります。安全により効果的に睡眠薬をしようするには、正しい使い方を知っておくことが大切です。

睡眠障害の悩みを抱えている方には、寝付きにくい・寝ていても夜中に目が覚めてしまうなどの症状が多いでしょう。そのような症状がある方は、使用している睡眠薬が合っているか・正しい使い方をしているか確認してみてください。自身の症状に合っている睡眠薬で無いと、なかなか効果を得ることはできません。

また、種類はあっていても使い方が間違っていては十分に効果は発揮されないのです。使い方っていっても食後に飲めば良いんでしょ、と考えているのは間違いです。就寝前に飲むことが大切です。

それぞれの睡眠薬は、効果の発現時間や持続時間が異なります。そのためそれらに応じて服用時間を考える必要があるのです。例えば超短時間作用型睡眠薬ソナタの場合は、30分〜1時間程度では効果があらわれるので就寝直前に服用して、寝床につきましょう。

そうすることで、より自然な状態で寝つける上に副作用を感じることは少なく済みます。また薬の持続時間から逆算して、薬を飲んで寝ることで翌朝まで薬の作用が残ることもありません。

中間作用型や長時間作用型の場合は、効果があらわれるまでに少し時間がかかるので発現時間を確認したうえで、就寝の1時間〜2時間程度前に飲むことがオススメです。効果のピークが何時間後か知っていれば、中途覚醒や早朝覚醒の症状の方は目を覚ましやすい時間に効果のピークがあらわれるように服用する時間を工夫してみてもいいでしょう。

効果が弱いからといって、飲む量を増やしたりすることは決してしないでください。効果が倍になることは無く、ただ副作用が強くなってしまうだけです。副作用や依存性が減った今でも誤った使い方をしてしまえば、体に大きな負担がかかってしまいます。

負担を比較的減らすためにも、1日1錠などの上限量を確認して水かぬるま湯で服用するようにしましょう。